そもそもキャンピングカーって?

キャンピングカー知識

多くの人があこがれるキャンピングカー

コロナ禍で人気に火がついており
少しずつメジャーになってきた印象です。

まだまだキャンピングカーのことについて知らない方や
初めて聞いたって方にも知ってもらいたい、楽しんでもらいたいですね。

そんな方々に少しでも知っていただけるよう
今回はそもそもキャンピングカーとは?ということと
キャンピングカー利用のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

キャンピングカーの定義について

キャンピングカーには広い意味で使われますが
一般的には寝泊まり設備を備えた車両を
「キャンピングカー」と呼びます。

細かい議論をすると
8ナンバー=キャンピングカーであったり
様々な分類もありますが…

とにかく車中泊を快適にできるといった車両、
それがキャンピングカーという解釈でいいと思います!

そんな寝泊まりできる設備を備えた車両
キャンピングカーのメリット・デメリットをご紹介します。

キャンピングカーのメリット

キャンピングカーで宿泊施設の予約が不要になる

旅行となると移送手段確保や宿泊場所の予約が必要になりますよね。
そんな準備をしている間ももちろん楽しいのですが
それなりの準備時間や費用が必要になりますよね…

私が経験したのは
誰が幹事をするのかだったり
そもそもそこがなかなか決まらなかったりしました。笑

そこでキャンピングカーでの旅行なら
それなりの駐車施設があれば宿泊・休憩ができるので
出かけやすく、宿泊費のコストも抑えることができます。
行き当たりばったりの旅行も楽しめたりできます。

キャンピングカーはレジャーに大活躍

キャンピングカー=キャンプで使うもの
というイメージが強いですが
キャンプだけでなく、登山や釣りからウィンタースポーツといった
レジャーのベースキャンプに使用できます。
車なのでそのまま移動も可能にです。
活用方法は無限大です。

他者との接触を避けることができる

このコロナ禍の影響で他者との接触を避ける風潮がありますが
宿泊施設の利用をしなくて済んだりと
必要以上の他者接触をさけることができます。

キャンピングカーのデメリット

キャンピングカーは走行性能が悪い

車両が大きかったり、車両サイズが大きいため
普通乗用車と比較するとやはり走行性能は落ちます。
駐車場所を考えたりする必要もでてきます。

キャンピングカーには費用がかかる

キャンピングカー購入にあたってはまず車両が高価です。
購入後も一般的な車両より設備が多いため
メンテナンスや維持に費用が掛かります。

燃費が乗用車と比較すると悪い

キャンピングカーには
車両重量があるので必然的に燃費が悪くなってしまいます。

そもそもキャンピングカーって? まとめ

寝泊まりできる設備を備えているキャンピングカー

メリットがある分、デメリットももちろんあります。
デメリットの大部分を占める費用は
レンタルすることで解消ます。

一度使ってみたい方や購入を検討している方も
是非一度レンタルをしてみてはいかがでしょうか。

キャンピングカーレンタルAcrossで車両予約する

コメント

タイトルとURLをコピーしました