キャンピングカーの宿泊場所について

キャンピングカー知識

キャンピングカーは宿泊する場所を選ばないということが一つのメリットかと思います。
といっても具体的にどんな場所に宿泊するか迷いどころ…

多くの方がイメージされているのはキャンプ場かと思います。
その他にも楽しめる宿泊場所はいっぱい!

今回はキャンピングカーでの宿泊場所をご紹介します。

キャンピングカーでキャンプ場に宿泊

キャンピングカーの宿泊で最もイメージされるキャンプ場。
キャンピングカーで宿泊すれば快適なキャンプになります。

キャンピングカーのキャンプ場でのメリット

・設営する手間が短縮される
キャンピングカーが居住空間になるため
テントやタープの設営する手間がありません。

・快適な空間で過ごせる
キャンピングカーにはFFヒーターやエアコンの様な
温度調節がきる装置が取付されていたり、
天候が悪くても車内で快適に過ごすことができます。

キャンピングカーのキャンプ場でのデメリット

・温泉や観光名所巡りの宿泊地には向かない
キャンプ場の多くは自然豊かな山奥や人里離れた場所にあります。
いろんな場所を巡るには不便になってしまいます。

・宿泊費用がかかる
キャンプ場にはサイトを利用するための料金が設定されています。
宿泊場所をうまく選べばここの費用も抑えることができます。

キャンピングカーでの宿泊場所

キャンピングカーで道の駅に宿泊する

観光の途中に立ち寄ることも多いと思います。
キャンピングカーがよく停泊しているのを
ご覧になられた方もいらっしゃるのでは。

道の駅にキャンピングカーで宿泊するメリット

・トイレが自由に使用できる
・宿泊コストが不要
トイレが自由に使えて宿泊費用もかけることなく
宿泊することができます。

道の駅にキャンピングカーで宿泊するデメリット

・キャンプ場の様にテーブルを出したりできない
・あくまでも「仮眠」のため長期滞在はできない
キャンプ場とは異なるため車外でくつろいだり、
車外での調理はできません。
また、デメリットというよりも注意点ですが
道の駅は休憩施設ですので滞在はできないこととなっています。
それでもトラックやキャンピングカーが停泊しており
グレーゾーンとなっています。

キャンピングカーでRVパークに宿泊する

あまり知名度が高くないRVパーク。
簡単に説明すると車中泊専用に作られた施設です。
もちろんトイレも併設されていますし、
RVパークに認定されるためには入浴施設が併設や
近くにあることが必須なため入浴にも便利です。
全国にRVパークがありますし、
今後増えていく見込みです。

RVパークにキャンピングカーで宿泊するメリット

・100V電源が設置されている
・入浴施設に困らない
・公式に車中泊スペースとして認められている

100Vの電源が設置されているため外部電源を引き込むことが可能です。
空調やコンセントのために外部電源が必要であったりします。
また、バッテリー残量を気にすることなく過ごすことができます。
前述した通り入浴施設が併設されているため入浴に困ることもありません。
宿泊にしても公式に認められているため気にする必要はありません。

RVパークにキャンピングカーで宿泊するデメリット

・有料のRVパークや予約が必要になる場合がある

RVパークによっては有料であったり予約が事前に必要になったりします。
また駐車スペースがたくさんない所もあるため
埋まってしまっている可能性があります。
場合によっては事前の下調べが必要になってくる場合があります。

キャンピングカーで宿泊禁止な場所

最後に逆に宿泊禁止な場所は以下の様な所です。
・道端や住宅街での宿泊停車
これは常識的に問題があるような場所です。
近隣の方々に迷惑がかかる様な場所はNGです。

・コンビニやスーパーの駐車場
意外と宿泊しているのを見かけますが
NGな場所ですので注意しましょう。

キャンピングカーでの宿泊場所まとめ

キャンピングカーの宿泊で代表的な場所は
・キャンプ場
・道の駅
・RVパーク

それぞれにメリット・デメリットがあります。
日中の行動や費用によってそれぞれの特徴に合わせて
選択することが重要になってきます。

また利用の際はそれぞれの施設のルールやマナーを
守って気持ちよく利用するようにしましょう!

キャンピングカーレンタルAcrossで車両予約する

コメント

タイトルとURLをコピーしました