キャンピングカーの電気について

キャンピングカー知識

ご無沙汰しています。
コツコツ少しずつ更新していきますのでお付き合いください。

さて今回は「キャンピングカーの電気」について

キャンピングカーの車内にはコンセントの差し込み口が装備されているものが多く、
どんなものでも無限に使用できると思われがちですが…

実際は外部電源を引き込まなければコンセントは使用できません!
(サブバッテリーの電気をインバータを介して使用できるものもあります。この辺は別の機会に…)

もう様々な用語が出てきましたね…
できるだけ分かり易い様に説明します。

今回は外部電源だけでなく「キャンピングカーの電気」である
サブバッテリーと充電方法についてお話します。

 

サブバッテリーとは?

キャンピングカーには車両用のバッテリーとは別にサブのバッテリーがあります。

キャンピングカーは快適な空間を作り出すために
照明や水道、冷蔵庫やファンが装備されています。

これらを動かすのがサブバッテリーです。

サブバッテリーは有限!

よく勘違いされますがこの大活躍のサブバッテリーは有限です。
充電しなければ電気が底をついてしまいます。
スマホのバッテリーと同じですね。

充電することなく使いっぱなしでは無くなってしまいますよね。

「じゃあどのくらい持続するの?」

バッテリーの容量や社内の設備によるため一概には言えませんが
一泊程度の使用であれば問題ないでしょう。

同じ場所に長期間滞在しなければ問題ないでしょう。

充電はどうやってするの?

充電方法は車種や電気系統によって変わりますが基本的には3つです。

走行充電・外部充電・ソーラーパネル

順番に見ていきましょう。

走行充電

車のメインのバッテリーと同様にエンジンのパワーによって充電されます。

同じ場所に滞在し続けなければ大丈夫というのは
こういったことから言えます。

他の充電方法は装備によるので最も基本的な充電方法です。

外部充電

外部充電は文字通りに自宅やキャンプ場の電源付サイトやRVパークのコンセントに接続して充電する方法です。

この充電方法にはバッテリーチャージャーと言われる装備が必要になります。
(一般的家庭用電源のAC100Vを車両電源DC12Vに変換するため)

イメージはスマホの充電方法と同じですね。

ソーラーパネル

こちらは住宅等でもよく見受けられますね。
文字通り太陽光で電気を発生させて充電する方法です。

こちらも車両にソーラーパネルがついていないと充電できません。

電気仕組みを知っておく

キャンピングカーの電気がどこから使われて知っておくことで
電気の使い過ぎやバッテリー上がり防止に繋がります。

上記でも設備によって充電できる方法が変わってくるので
レンタカーであれば確認しておくことが重要になります。

また車内に電圧計やバッテリー残量計があればこまめに確認することも大切です。

まとめ

「キャンピングカーの電気」についてのまとめです。

キャンピングカーの快適空間はサブバッテリーによって生み出されている
サブバッテリーはスマホ同様に充電が必要である
電気の充電方法や仕組みを知っておくことで電気を正しく使用できる

少し触れたサブバッテリーの容量・どれくらい使用できるのかといったことは
今後ブログアップできればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました